浮気調査無料見積りを使って、探偵会社を上手に比較する方法

浮気調査の無料見積りを利用して、上手に探偵を比較する方法



探偵に浮気調査を依頼するときに、ネックとなるのは料金の高さでしょう。
料金について、後悔することなく探偵事務所を活用するためには、複数の探偵事務所に無料見積もりを依頼し、比較検討する必要があります。

今回は、探偵に浮気調査を依頼するための一般的な流れおよび、見積もり比較のポイントをご紹介していきます。

浮気調査の依頼を検討しているけれど、探偵事務所がたくさんあってどれを選べばいいのかわらかない、と迷っている方は、本記事を上手な探偵選びの参考にしてみていただければと思います。

探偵に浮気調査を依頼するための一般的な流れとは?

まずは、探偵に浮気調査を依頼する流れをみていきましょう。

1 どんな調査を依頼するか明確にする

まずは、どんな調査を依頼するか、明確にする必要があります。
調査対象は誰で、どれくらい詳しく調査する必要があるのか、目的はなんなのか、を自分なりにまとめておきましょう。

また、探偵に依頼する前に、自分でできる調査は自分でしておきましょう。
なぜなら、探偵に依頼する際、情報が少なくて調査の難易度が高ければ高いほど、料金は高額になりがちだからです。

浮気相手の素性もつかめていて、あとは写真を撮るだけ、となっているなら、料金を安く抑えることが可能なため理想的と言えるでしょう。
ですが、自分で浮気調査をして、それがバレてしまったら、警戒されてそれ以降、証拠がつかみにくくなってしまう可能性も十分ありますから、自分で浮気調査をする際は、くれぐれもバレないように気をつけましょう。

2 自分が浮気調査で支払える金額を検討する

次に、浮気調査に支払える金額を検討しましょう。離婚や慰謝料請求を検討している場合は、離婚の財産分与や慰謝料がどれくらい入手できるのか、もポイントです。

たとえば、不倫で離婚する場合の慰謝料の相場は、50万?300万です。にもかかわらず、300万以上浮気調査にかけてしまっては、本末転倒です。どれくらいなら出せるのか、について冷静に考えてみましょう。

3 探偵事務所の候補をピックアップする

ネットを利用して、浮気調査に特化した探偵事務所をいくつかピックアップしましょう。

4 めぼしい探偵事務所に連絡する

めぼしい探偵事務所数社に連絡を入れ、アポイントをとりましょう。

5 詳細を伝えて見積もりを依頼する

アポイントの日時に出向いて、探偵の人柄や相性も確認しつつ、依頼してもいいと思える数社に無料の見積もりを依頼しましょう。

依頼する探偵事務所を上手に選ぶための、浮気調査の見積もり比較ポイント

次に、依頼する探偵事務所を上手に選ぶために、見積もりのどこをチェックするべきか、を見ていきましょう。

1 調査費用の算定方法

調査費用の算定方法は、時間制、成功報酬制など、探偵事務所によって異なります。どういった算定方法を提案しているのか、を確認し、納得できるものを選びましょう。

2 調査員の人数と、一人頭の費用

調査員を何名稼働させるか、一人頭の調査料金は一時間でいくらになるのか、を確認しましょう。
一人頭の金額を算出することで、他社との金額比較が簡単になります。

4 調査費用以外にはどんな費用がかかるのか

調査費用以外に、交通費や雑費はかかるのか、について確認しましょう。
調査料金は安く抑えられているけれど、そのほかの料金がなぜか高い、などという場合もありますので注意が必要です。

大切なのは、合計金額だ、と覚えておきましょう。

5 どんなときに追加料金を請求されるのか

例えば、最初に打ち合わせていたよりも調査が延長された場合、一般的には追加料金がかかります。
追加料金がかかる場合について、また、そのような場合に依頼者に確認を取ってくれるのかを聞き取り、追加料金がかかりすぎる事務所は避けた方がよいでしょう。

6 キャンセル料について記載されているか

見積もりを出してもらう工程まで進んだら、途中でキャンセルした場合や、契約を結んで稼働する前にキャンセルした場合、料金はどうなるのか、についても確認しましょう。

7 見積り金額に対して妥当な調査力か、報告書のサンプルと合わせて確認

調査報告書を見せてもらい、しっかりした法廷で使えるものかを確認しましょう。

浮気の事実を確かめたいだけ、など、裁判に持ち込む予定がない場合でも、口頭だけで報告を済ますような探偵事務所はおすすめしません。

不明な点については逐一確認しておくのが良いでしょう。もし頼れる弁護士がいるなら、そちらに確認してもらうとなお安心です。

見積もり金額に対して、妥当な調査力を持っていると判断した場合のみ、その探偵事務所への依頼を決めましょう。

まとめ

探偵事務所への依頼までに準備しておきたい事柄の流れと、見積り比較方法をご紹介しました。

浮気調査は、一般的に安価ではなかなか済みません。しっかりと比較した上で、上手に浮気の証拠を手に入れましょう。


■そのほかに関連する記事