有効な浮気の証拠

妻、夫、婚約者など、あなたのパートナーが浮気をしたら、あなたはどうしますか?一度なら許すでしょうか?相手と別れさせるでしょうか?それともそんな相手とはもう別れますか?パートナーが浮気をしたという状況で、どうするのかという選択肢は色々あると思います。それが、恋人同士というのであれば問題はまだ簡単なのですが、婚約者や妻、夫ということになると状況は複雑になる場合もあります。たとえ、浮気をしているという確信があっても、相手がそれを認めなかったり、婚約破棄や離婚を認めなければ、例えば別れたいと思ってもそれが叶わないこともあるのです。

では、確実に浮気や不倫をしている証拠をつきつければいいと思う人は多いのではないでしょうか。確かに浮気や不倫の動かぬ証拠があれば、相手に認めさせることができるでしょう。しかし、それでも相手が婚約破棄や離婚を認めないような場合で、裁判にでもなるとなれば、その浮気の証拠というのは法的にも有効なものでなくては意味がありません。

浮気調査や不倫調査というものを依頼される方の中には、この法的効力を持つ浮気や不倫の証拠を求めて依頼をする人も多いのです。

では、法的にも有効な浮気の証拠とはどんなものでしょうか。

法的に浮気を認定する基準としては、浮気相手との間に性行為があったかどうかというところがキーポイントになります。どこからが浮気なのかというところは、個人個人で見解の分かれるところだとは思うのですが、法的に不貞行為とは性行為があった場合のことを指し、そのためパートナーが相手との間に性行為をもったということが証明できるものが証拠として法的にも有効ということになります。

一般的には、浮気相手とラブホテルに入るところの写真や、車内や屋外などで性行為に及んでいる写真があればこれは決定的な証拠となります。しかし、一度きりということでは証拠として弱い場合もありますので、継続的に関係が続いていることを証明できるようなものであればなお法的証拠としての有効性は高くなります。

ラブホテルではなく一般のホテルや自宅の場合でも、複数回に渡って滞在していることが確認されたり、ホテルや自宅に入ってから出てくるまでの時間を記録することなどで法的に不貞行為の証拠として有効とされる場合もあります。

注意をしたいのは、盗聴や盗撮、相手の携帯やパソコンのメールを勝手に見るなどの行為は、行為自体が問題になり、そこから得られた証拠は法的には無効となる可能性が高くなります。証拠の入手方法にも、証拠が法的に有効化どうかが左右されますので、気をつけましょう。

  • 「浮気調査ナビ!アナタの悩みをらくらく解決!」はあなたに合う調査会社を探す事ができます。
  • サイトマップ