風俗は不貞行為に?

配偶者がある人が配偶者意外の異性と性行為を結んだ場合に不貞行為と認定されますので、たとえ相手が風俗のプロの方だとしても、性行為を行えば不貞好意です。しかし、一度利用しただけというような場合や、マサージのような業態の風俗を利用したことを不貞行為と認定できるかといわれればそれは難しいのです。

男性の立場からすれば、風俗を利用することと浮気は全くべつものだというかもしれませんが、女性の立場からすれば、相手がプロだろうと、たとえば性行為をともなわない風俗だとしても、パートナーが風俗を利用しているとなればほとんどの人は快くは思わないことでしょう。浮気とかわらないと考えるのも最もなことだと思います。

しかし、それを法的に不貞行為と認定できるかは別問題で、夫の風俗通いによって不貞行為による離婚請求をしても請求が棄却されるケースが多いようです。ただし、風俗通いを、不貞行為とは別に離婚請求ができる事由となる、婚姻を継続し難い重大な事由として離婚請求をすることは可能だと思います。

風俗通いについて話し合いを重ねても、聞き入れずに状況が改善しないような場合には、婚姻を継続し難い重大な事由として認定される可能性は高いかと思います。

風俗に通うことは、性行為がともなえば立派な不貞行為ですし、性行為のともなわない風俗であってもそれを原因にして離婚を請求される可能性はあります。また、風俗の場でであった女性と、店の外であって、肉体関係を結べばそれは当然不貞行為にあたります。相手が風俗を仕事にしている女性であるということで、不貞行為にはあたらないと考える人もいるようですが、それは間違いですので注意してください。

何より、風俗に通うことは不貞行為として認定されるかということよりも、多くの女性から見れば立派な浮気だということを頭に置いておいてほしいと思います。

  • 「浮気調査ナビ!アナタの悩みをらくらく解決!」はあなたに合う調査会社を探す事ができます。
  • サイトマップ