同性愛の場合は不貞行為になる?

妻、または夫の継続的な不貞行為が立証されれば、不貞行為を理由にして離婚請求をすることができます。もし、相手が浮気を反省し、離婚を望まないという場合でも裁判で争えば離婚できる可能性は高いでしょう。

この不貞行為とは、いわゆる浮気のことなのですが、法的には浮気とはいわずに不貞行為という表現が用いられます。どこからが浮気でどこまでは浮気ではないのかということは個人個人色々な考えがあることと思いますが、不貞行為として立証するためには、浮気相手と食事に出かけたり、キスをしただけでは不貞行為と認定することはできません。不貞行為とは、配偶者がある人が配偶者意外の異性と性行為を結んだ場合に不貞行為と認定されることになります。

では、仮に不貞行為の相手がパートナーの同性だった場合には、それは不貞行為と認定さるのでしょうか。

パートナーが同性愛者で、自分以外の相手と情と通じたとなれば、心情としてはそれは異性と浮気をしたのと何もかわりませんし、不貞行為と認定されて然るべきと思う人は多いとおもうのですが、実は同性愛は現行の法律では不貞行為として認定されることはありません。不貞行為とはあくまで異性と性行為を結んだ場合に認定されるものであって、同性愛はこの範疇外なのです。

パートナーが同性とどれだけ継続的に浮気をしていたとしても、それを理由に不貞行為を理由とする離婚請求をすることはできないわけです。

しかし、同性と浮気をしているパートナーと離婚する方法がないのかというと、そういうわけではありません、離婚請求が認められる事由には、不貞行為以外にも、婚姻を継続し難い重大な事由 による離婚請求が可能ですので、パートナーの同性愛を婚姻を継続し難い重大な事由 として離婚請求をすることが可能でしょう。

  • 「浮気調査ナビ!アナタの悩みをらくらく解決!」はあなたに合う調査会社を探す事ができます。
  • サイトマップ