探偵業法とは

探偵業法とは、平成19年6月1日 に施行されたものです。

それまでは、探偵業務を行うにあたって届出などは一切必要がなく、探偵社は誰でもどこででも開業することが可能だったのですが、探偵という業務の法的な位置づけが曖昧であるために、悪質な業者もあることや、依頼者と探偵社の間でトラブルが発生することなども頻繁に起こっていました。

そのため、探偵業務を開業する場合には、都道府県の公安委員会への届出を義務付け、またこれまで曖昧だった探偵の法的に位置づけについても必要な規定を定めた探偵業法が施行されることとなったのです。探偵業務運営の適正化を図り、個人の権利利益を保護することを目的に施行された法律です。

探偵業法の中では、探偵とは、「依頼を受けて、所在や行動の情報を収集することを目的とし、聞き込みや尾行、張り込みなどの方法で調査し報告する業務」と定義されており、こうした業務を行う場合には都道府県の公安委員会への届出が必須で、違反した場合には懲役や罰金などの罰則もあります。

また、同法の中では探偵として届出を出しても何か特別な権利や権限を持つものではないことも確認されています。調査のためであっても法を犯すような行動は一切認められておらず、探偵として届けていても違法は違法ということです。探偵は一般市民に認められた権利の範囲内で業務を行うことになることが確認されています。

この探偵業法律の施行により、悪質な業者が淘汰され、探偵業が健全に運営されるようになる効果が期待されているのです。

  • 「浮気調査ナビ!アナタの悩みをらくらく解決!」はあなたに合う調査会社を探す事ができます。
  • サイトマップ