証拠の使い道

浮気調査や不倫調査を探偵社などに依頼をした場合には、浮気や不倫の事実確認だけではなく、決定的な証拠となるようなものを押さえてもらうこともできます。証拠を押さえる場合には法的にも有効なようなもの、たとえばラブホテルに入る写真や実際に性行為をしている場面の写真などが押さえられることになるでしょう。しかし、こうして押さえた証拠なのですが、実際に裁判の証拠として使われるケースはさほど多くないようなのです。

パートナーが浮気や不倫をした事実を確認した時に、その後どうするのかという決断は色々なものがあるでしょう。しかし、どんな選択をするにしても法的に有効な証拠を押さえているということは、あなたにとって有利に働くことは間違いありません。

例えば、離婚をする場合には、相手に浮気の事実がありその証拠があれば有利な条件で離婚をすることができますし、相手の女性に対して損害賠償を求めることも場合によっては可能です。裁判を起こさなくても、相手が不利な状況は確実ですので、法的に有効な証拠を活用して、裁判をすることなく交渉をすることができます。裁判となれば費用も時間もかかりますし、証拠を有効に活用することでその手間をはぶいて協議離婚ができるのであれば、これも証拠の有効活用です。

また、もしパートナーと相手を別れさせたいならば、やはり法的に有効な証拠があることで裁判を起こすこともできることを伝えるだけでも相手との交渉を有利に進めることができるでしょう。中には次に浮気をしたら、これを使って裁判を起こすとパートナーに脅しをかけて、お守り代わりにもっているというような人もいます。

裁判を起こすつもりはないから、証拠の確保にはこだわらないという人もいるかもしれませんが、せっかく調査を依頼するならば、証拠は持っていて損になるものではありません。証拠の使い道は色々ありますので、押さえられるならば押さえたほうがいいでしょう。

  • 「浮気調査ナビ!アナタの悩みをらくらく解決!」はあなたに合う調査会社を探す事ができます。
  • サイトマップ