1回限りの不貞行為は離婚の原因になる?

浮気はたとえ一度の肉体関係でも浮気、不貞行為はたとえ一回きりのことであったも不貞行為です。ですから、肉体関係を持ったのは一度だけの関係だったといっても不貞行為は不貞行為であることに変わらないのです。しかし、一度きりの不貞行為で離婚ができるかというと、それは難しいでしょう。

パートナーの不倫にともなう離婚裁判というのは全国でも数多く行われていますが、その中で一度だけの不貞行為で離婚が認められたケースというのはないといっていいでしょう。離婚に至って然るべき不貞行為と認められるためには、ある程度継続的に関係が続いていることを証明できなければ、離婚をすることは難しいのです。そのため、不貞行為を理由に離婚したいと考えるならば、不貞行為が継続的に続いていることを立証できるような証拠などを準備する必要があります。

夫婦には、健全な夫婦関係を維持する努力をお互いにする必要があるとされており、もし不貞行為を犯した側が深く反省して、健全な夫婦関係の維持を望んでいるとなれば、まずはお互いに努力をして関係を修復することが求められるのです。未成年の子供たいる場合には、特にその傾向が強く、継続的な不貞行為があったと認定されても、反省の色が濃く、また子供がいるという理由で離婚請求が棄却される場合もあります。

もちろん、一度ならば不貞行為におよんでも問題がないということではありません。しかし、誰もでも気の迷いということはあり、法律でも反省さえしていれば、そこは寛大に評価されるケースが多いのです。不貞行為が一度きりだったというのであれば、また相手が結婚生活の継続を希望しているのであれば、一度きりの不貞行為を理由にして離婚をすることは難しいかと思います。

  • 「浮気調査ナビ!アナタの悩みをらくらく解決!」はあなたに合う調査会社を探す事ができます。
  • サイトマップ